脊柱管狭窄症について

背骨の中央にあるトンネル状の空間のことを脊柱管と呼んでいます。この中には脊髄が通っていますが、この脊柱管が狭くなる疾患が脊柱管狭窄症です。

 

脊柱管狭窄症の原因

主な原因は加齢によるものです。つまりは老化現象とも言えるものであり、脊椎の変形や椎間板の腫れなどにより脊柱管が狭くなって、脊髄や血管が圧迫されて症状が現れます。一般的には高齢者に多い傾向にあり、特に若い時に重いものを持つなど腰に大きな負担がかかっていた経験があればリスクが上がります。

 

脊柱管狭窄症といっても発生する部分によりその名前が異なります。首の部分で発症した場合には頸椎に起こる頸部脊柱管狭窄症、腰の場合には腰椎で発生する腰部脊柱管狭窄症があります。

 

頚部の場合の具体的な症状については、腕から手首にかけて強い痛みや痺れがあったり、腕が重くてだるさを感じる、手指に力が入らなかったりよく動かせなくなったなどが該当します。腰部であれば腰の痛みや重み、足の痛みやしびれ、その他にも残尿感や股間の違和感などがあります。

 

脊柱管狭窄症でお悩みの方は当院にお任せください

休むと徐々に楽になことが特徴ですが、症状が長引くと痛みが出る間隔が早くなったり、しびれの範囲が広がっていく傾向があります。当院ではしっかりとカウンセリングを行い、確かな技術と知識でお悩みにアプローチしていきます。

 

脊柱管狭窄症を疑う症状があればJOIN整骨院グループにご相談ください。

各種保険も取り扱ってます!


 

池田市 | JOIN整骨院グループ店舗一覧