シンスプリントについて

シンスプリントとは、脛骨(けいこつ)の周りにある骨膜が炎症を起こすスポーツ障害で、脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれます。

 

シンスプリントの原因と症状

シンスプリントは、すねの骨に繋がっている脛骨への過度な負荷が原因で起こります。脛骨への過度な負荷がかかる要因で最も多いのはオーバーユース(使いすぎ)で、ランニング・ジャンプ・ターン・ストップ動作などを繰り返し行うと発症リスクが高まります。

 

また、誤ったランニングフォームや、偏平足や回内足などの地面からの衝撃を受けやすい足形状、下半身の筋力不足や柔軟性の低下などが原因になることもあります。その他にも、硬いグラウンドや路面でのトレーニング、クッション性が低いシューズの使用が発症につながることもあるので注意が必要です。

 

症状は運動時や運動中にすねの内側下方の1/3くらいの部位にズキズキとした痛みが生じるのが特徴です。初期段階においては運動後に鈍痛を感じる程度ですが、症状が悪化すると運動時にも痛みを感じるようになり、さらに進行した場合は安静時にも痛みを感じるようになります。最終的には歩行困難になる可能性もあるので、症状が軽度なうちに適切な処置を行うことが大切です。

 

シンスプリントでお悩みの方は当院にお任せください

シンスプリントになる方は骨盤のズレがある方が多いです。当院では施術をする前しっかりカウンセリングと検査を行い、お一人おひとりに合わせた的確な施術で改善に導きます。痛みがある場合は我慢せずJOIN整骨院グループにご相談ください。

各種保険も取り扱ってます!


 

池田市 | JOIN整骨院グループ店舗一覧