背中の痛みについて

背中の痛みが起こる原因は人によって様々だとされますが、主な原因については神経疾患やストレス、運動疾患や内臓疾患など大きく4つに分類されます。

 

原因について

神経疾患が原因で起こっている場合は、背中の骨がずれたり縮むことにより背骨の間を通っている神経を圧迫し痛みが生じます。ストレスは主に心因性が原因となって毎日の眠りが浅くなると、疲れがとれにくくなりどんどん疲労が蓄積されていきます。こうして少しずつ蓄積されたストレスや疲労が内蔵に負担をかけ、結果として筋肉の状態をアンバランスにさせるといわれています。

 

運動疾患が原因になる場合、筋肉のこわばりによって痛みが生じます。内臓疾患が原因となる場合は医学的に緊急性が高く様々な疾患が該当すると考えられています。

 

症状は、肩甲骨あたりやみぞおち周辺の背中側など痛む場所は広い範囲に及びます。背中の痛みは筋肉のこりや筋肉痛からくるものも多く、大半は放置しておいても自然と症状が改善してくることが多いですが、中には脊柱や内蔵の疾患によるものなど治療が必要となる場合もあるため長く続くようなら適切な治療を受ける必要があります。

 

背中の痛みでお悩みの方は当院にお任せください

筋肉の硬さだけでなく、背骨や骨盤の歪み、姿勢不良が原因で背中の痛みに繋がります。その場合、根本的な原因が解決されないと背中の痛みは改善しません。当院ではトリガーポイント治療を取り入れ、痛みの根源を取り除きます。

 

背中の痛みでお困りの方はJOIN整骨院グループへご相談ください。

各種保険も取り扱ってます!


 

池田市 | JOIN整骨院グループ店舗一覧