生理不順の原因

生理不順とは?

 

生理の周期が25日から40日くらいであれば正常な生理周期と言えます。ところが女性にとっては少し遅れたり早まったりすることもあるため、生理のくる日が前後1周間ほどずれるのもおおむね正常です。

 

生理不順の原因にはストレスや身体の不調から来るものがありますが、3ヶ月以上遅れていればちょっとした生理のずれとは言えず、無月経になっている状況です。

 

生理不順の原因

 

生理不順の原因は、精神的なストレスになります。例えば会社などに入り人間関係でストレスが溜まる人は多いです。自分の考えている通りに人間関係が動かなければ、そこでストレスを溜めてしまいます。

このような場合、自律神経のバランスが崩れている可能性が高いです。自律神経は交感神経と副交感神経の2種類があり、交感神経の方が敏感になると、大きくバランスが崩れそれが生理不順につながる可能性があります。

 

他の理由は、栄養が偏って場合に起こりうる可能性があります。よくあるパターンの1つは、女性がダイエットをしている場合です。ダイエットにもいろいろやり方があり、正しいやり方を実践すれば生理不順になることなくきれいに体重を落とすことができるでしょう。

 

しかし、食事をほとんどしないかカロリーの少ないこんにゃくや豆腐ばかりを食べるなど偏った食事をするようになると、それが原因で生理不順になることが考えられます。

 

それ以外で考えられるのは、子宮や卵巣そして甲状腺などの病気になります。これらの病気の可能性はそれほど多くないものの、ストレスを感じているわけでもなく無理なダイエットをしているわけでもなければ病気を疑った方が良いかもしれません。

 

生理不順の種類

 

毎月やってくる生理は女性にとって憂鬱でわずらわしいものですが、生理が定期的に来ないのも不安なものです。かと言って過度な心配も身体にはよくないため、一体どのような状況になったら生理不順なのか、生理不順の種類をご紹介します。

 

生理周期が24日以下の場合「頻発月経」と呼び、39日以上の場合「希発月経」です。

 

これらの月経不順では、卵巣機能が低下してしまい女性ホルモンが十分ではなく上手く昨日できていない状況です。生理不順には多嚢胞性卵や高プロラクチン血症という病気などの原因にもなるため、生理不順が続いているかたは病院で診察されることをおすすめです。

 

生理周期が短すぎても無排卵月経の可能性があります。体調に問題がないと思っていても、上記のような症状が続く場合は診察されてください。

 

当院ではホルモンバランスを整える為に、筋肉を緩めたり、骨盤を調整したり、自律神経を整えていきます。

 

池田市 | JOIN整骨院グループ店舗一覧